更年期特有の症状や病気を予防するための方法

病院と男女

身近で発生する病

以外にも身近に沢山の病がうようよしています。中でも、日本人がかかりやすい病をご紹介します。

【胃がん】
女性より男性に多く、胃がんに次いで死亡率が高い病です。最新医療の登場で昔よりは遥かに死亡率は下がっているものの、年間4万人以上の方が胃がんで命を落としています。病巣を見つける胃カメラやX線検査のお陰で胃がんの早期発見が可能となり、初期なら外科手術で完治が見込めますが、外科手術、抗がん剤治療、放射線の治療では、治療が難しくなることも多く、この場合は今注目されている免疫細胞療法を取り入れる必要があります。

【下肢静脈瘤】
足がむくみ、不快感や皮膚に湿疹をもたらす下肢静脈瘤は、カテーテルを使う治療が一般的です。日帰り手術がほとんどで保険が適用されます。カテーテル治療には、高周波、レーザーの二つがあり、どちらも下肢静脈瘤を改善させるのに適しているといえます。

【脳の病気】
命の危険がある脳梗塞や、脳卒中、くも膜下出血は代表的な脳の病です。自然治癒が難しく、早期発見できなければ突然死を招きます。健康のためにも年に1回は京都の脳ドックを受診して検査をする必要が出てきます。

【更年期障害】
下垂体からエストロゲンの分泌をコントロールするよう指令がありますが、40歳を過ぎると分泌が上手くできずに脳が錯乱状態になります。すると、自立神経が乱れて冷えや火照り、めまい、頭痛などを引き起こします。これが更年期に見られる症状です。

予防が大切

胃がんの原因は、食生活やピロリ菌で発症することがわかっているので、比較的予防しやすい病だといえます。下肢静脈瘤も、コレステロールが高めの人に多く、カロリーを抑えた食生活が不可欠となります。特に塩分の量には気を付けましょう。日本人が一日に摂取してもいい塩分量は、9グラム未満、女性の場合は7グラム未満です。高血圧の方は、それよりも低い5グラム未満が妥当だとされています。ただ実際のところ、現代人が一日に摂取する塩分量は10グラムを超えており、根本的に減らすというのが難しい状況です。一見ヘルシーに見える和食は洋食よりも塩分が高いので味噌汁は一日一杯だけ、漬物を大量に食べないなどを意識する必要もあるでしょう。また糖尿病の食事は、塩分や栄養分を細かく決めた上で作られているので、胃がんや下肢静脈瘤対策に不可欠な存在ですし辛い更年期を乗り越えるには、食事療法がカギとなります。

[PR]胃がんの症状をスグに解決☆
身体への負担が少ない治療を提供中

[PR]脳ドックなら京都のクリニックへ
病気の早期発見につながる!

[PR]糖尿病の食事方法を徹底解説!
血糖値を下げる食生活を心がけよう

[PR]日帰りで下肢静脈瘤手術が受けられる
健康な脚を取り戻そう☆

[PR]更年期の症状を詳しく解説!
体調が良くないなら確認してみよう

無理しない程度に

健康のためには、もちろん食事管理がもっとも重要です。しかしそこだけに気を取られ過ぎるとストレスになり、爆食いの原因になります。慣れ親しんだ食事内容を今すぐ変えるというのはとても難しいので、少しずつ変化をつけていくやり方の方が続けやすいです。

もっと詳しく知りたい方はコチラへ

レントゲン

脳ドックを受ける前に知りたい費用や治療の流れ

脳ドックを受けたいけど費用とかの流れがわからないので決断できないという方も多いはず。脳ドックに不可欠な情報をまとめているので、検査を受ける方はぜひ参考にしてくださいね。

READ MORE
広告募集中