脳ドックを受ける前に知りたい費用や治療の流れ

頭痛を症状別に比較

男性より女性に多い片頭痛

女性ホルモンの影響で、時々痛くなる程度なら脳に病が隠されている心配はあまりありません。しかし、視野が半分になったり、めまいや吐き気が続いたりした場合は要注意です。

慢性片頭痛

週に1.2回、もしくは週に1回だけ片頭痛の症状が出ても、慢性片頭痛御場合、月に20日くらい頭が痛い状態が続きます。大半は、片頭痛を抑える薬を服用しすぎたことなので、一旦中止すれば嘘のように症状がなくなることもあります。

脳ドックを受ける前に知りたい費用や治療の流れ

レントゲン

脳ドックで見つかる病

比較に出てきた頭痛は、一次性頭痛の一種なので他に考えられる病がありません。一方、頭痛の原因が脳からの出血や腫瘍によるものである場合もあります。こればかりは、京都になる脳ドックで詳しく調べないと原因は明らかにされないでしょう。

検査の流れ

受付をした後に、検査着に着替えて尿を採取します。脳ドックを受ける前に、体重や身長、血液検査などを行ないMRI撮影に挑みます。時間は10分から20分で、状況によって前後する可能性もあります。画像を元に詳しい検査を聞き、頭痛の原因を知ることができるでしょう。何もなければ一安心ですが、腫瘍が見つかった場合は診察時間が長引きます。

検査に必要な費用

脳ドックにかかる費用は5万円から10万円が普通です。検査項目が増えるようなら、10万円以上はかかるでしょう。検査時間を短縮したい場合は、MRIとMRAのみなので費用はもっと安くなって3万円前後です。

脳ドックを受けた人の声

やってよかった

自覚症状はなかったのですが、脳ドックをしてみたところ小さい腫瘍が見つかりました。内心ドキッとしましたが、先生いわく良性なので心配はいらないとのこと。でも大きくなったり悪性になったりなどの変化はあるので年に一度の検査をするよう言われました。今も真面目に通っていますが、相変わらず腫瘍は小さいままで安心しております。

安心が得られる

先日知人が脳梗塞で倒れて、亡くなりました。お互い40代だったので僕も怖くなり脳ドックを受ける決意をしました。結果は異常なし。腫瘍もなく綺麗な脳をしていますねと褒められました。病気が見つかるのは不安ですが、検査せずに放置するのはもっと怖いので受けて正解だったと思います。

脳ドックについての疑問点はココで解決!

検査は必ず年に一度ですか?

脳動脈瘤がなく、どこも異常がなければ5年から6年に一度で大丈夫でしょう。ただ、医師の判断に委ねられる部分でもあるため、症状によっては一年から二年に一度の検査になる場合もあります。

保険は適用されますか?

脳の病気を患っていない状態なら、保険は適用されません。しかし、自治体や保険組合が提供する脳ドックについては、助成金が設けられているので安く受けることは可能です。

人間ドックとの違いが知りたいです

脳ドックは脳の細部まで細かく検査をして、隠れた病の発見に最善を尽くします。一方、人間ドックは、内臓系を中心に調べたり、生活習慣病を予防したりなどが中心です。

閉所恐怖症ですが検査できますか?

10分~20分ほど機械の中に入るので、閉所恐怖症だと厳しいかもしれません。中には、全身麻酔をして眠ったままの状態を希望する方もいますがほとんどの病院は行なっていないでしょう。

MRI・MRAのそれぞれの役割を教えてください

MRIは脳の大きさをチェックしたり脳梗塞や出血など命の危険となる病気がないかを調べます。MRAは、脳の動脈を調べるために活用されます。

もっと詳しく知りたい方はコチラへ

レントゲン

脳ドックを受ける前に知りたい費用や治療の流れ

脳ドックを受けたいけど費用とかの流れがわからないので決断できないという方も多いはず。脳ドックに不可欠な情報をまとめているので、検査を受ける方はぜひ参考にしてくださいね。

READ MORE
広告募集中